姿勢矯正のビフォーアフター

少し前ですが、若い女性の会員さんのビフォーアフターのお話です。その女性の体験カウンセリングの時の第1印象は細い女の子でした。カウンセリングシートの生年月日を見るとなんと、自分の娘と全く同じ生年月日、同じ歳!!カウンセリング時に話を聞くと、全然食べてないのに痩せないとの話でした。でもたまに友達外食へ行くと太る。食べなくても痩せないのに食べたら太る。こんにゃくゼリーしか食べてないのに痩せない。体重は変わらなくてもいいので、体脂肪率を下げたいんですがどうしたらいいんでしょうか?と言われました。自分の子供と全く同じ生年月日の彼女に勝手に親近感というか親心(?)みたいな、なんとかしないとという気持ちが沸き上がりました。何とか痩せたいという彼女の身長160cmで、体組成計INBODYで計ると、なんと51kgしかありませんでしたが、体脂肪率は約34%という驚きの数字!これはなんとかしてあげないとと思い、食も細く量も食べれない彼女に、とにかくしっかり食べる指導をしました。トレーニングを行おうにも、しゃがんだら自力で立ち上がれないほどの筋量のなさでした。階段を登ろうにも1階上るたびに休憩を挟まないと3階には行けないんだと言ってました。過度な自己流ダイエットにより筋肉を大幅に落とした結果、若いのにここまで力が無いのかと驚きました!そんな彼女はトレーニングを開始して間もなく、筋肉痛にハマってるんです!と嬉しい一言を言ってくれたのが印象的でした。さてそんな彼女の2カ月間の食事とトレーニングでの変化は、

体重51.6kg ⇒ 52.5kg +0.9kg

体脂肪率33.8% ⇒ 28.6% -5.2%

骨格筋量18.1kg ⇒ 20kg +1.9kg内臓脂肪レベル8 ⇒ 5 -3

この結果に彼女は大満足されました。体重は元々ないので減らず微増、体脂肪率と内臓脂肪だけ下がり、筋肉量はたった2ヵ月で格段に増え、トレーニングでは30kgのバーベルもスクワットで楽々持ち上げ、階段も楽々登れるようになったと言われました!
※写真はパーソナル開始前(左)と2か月後(右)の変化ですが、明らかに姿勢が良くなっているのがおわかりいただけるでしょう。

姿勢矯正

写真と結果から体重ではなく見た目、体脂肪率が大事だということと、トレーニングによって背中の筋肉が増え、勝手に姿勢が良くなるのがお分かりいただけると思います。
体重はそんなに無いのにお腹がとか、スタイルが良くない、洋服が似合わない。そんな悩みを持っている方、体重に囚われすぎないようにしましょう。大事なのは見た目、体脂肪率です。安い1万円以下の乗るだけの体重計型の体脂肪率計は年齢の統計データからはじき出す数字なのでデタラメです。全くあてにはなりません。当店には医療機関にも置いてあるinbodyという高性能な体組成計があります。ちゃんとしたデータを基に正しいダイエットを行いましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる