資格の必要性

パーソナルトレーニングジムを運営するようになり早3年が経とうとしていますが、今回はパーソナルトレーナーの資格について考えてみたいと思います。

実はパーソナルトレーナーになるにあたって必要な資格というものは特にありません。誰でもなれるんです。別にトレーナーに限ったことではありません。資格の要らない仕事なんて営業でも事務でもたくさんあります。資格の必要な仕事の方が少ないくらいです。

でもパーソナルトレーナーの資格がないのかというとあります。NSCA-CPTやNESTA-PFTというパーソナルトレーナーの資格が存在します。しかしこの仕事を始める前にこの資格が必要かを考えたんですが、特に要らないなと思い取得しませんでした。

しかしながらここ最近とあるきっかけでNSCA-CPTの試験問題集というものをメルカリで入手し勉強してみました。理由は知識としてあったらいいものなのかどうかが知りたかったのと、必要なものなら取得しておきたいと思ったからですが、一通り勉強してみて思ったことは、やっぱりあえて今から取得する必要はないなという感想でした。必要なことは分かっていたし、分からないこともありましたが経験上それらは実際にはどうしても必要な情報ではありませんでした。ただ学んでおもしろい情報もあったので無駄ではありませんでした。

この資格はあってもいいとは思いましたが、資格受験費用などが異常に高い!NSCA-CPTは受験費用に46,000円、さらに年会費に13,200円、NESTA-PFTは107,500円(税込)以上かかります。これは一回の受験費用としては高すぎます。資格商法と言ってもいいんじゃないかと思うくらいです。

ちなみに私たちが昨年受験したストレッチの資格JSA-CSTPなどの資格検定料金は筆記と実技を合わせて5,500円です。一日がかりの講習会の費用はたった11,000円でした。

知識を得たいというのであれば勉強するのは構いませんが、あえて資格を取るほどの内容でもありませんでした。知識だけであればやる気があれば今の時代、他の方法でいくらでも学べますしパーソナルトレーニングの指導においてまずはトレーニングと食事を実践し身体を作ること、そして自らのトレーニングとダイエット経験に元ずく指導経験がものをいいます。

あとトレーナーにというか何においても必要なものはその仕事に対する情熱だと思います。痩せたい!身体を変えたい!という人の思いに何としても応える気持ち!その気持ち無くしてこの仕事は出来ません。

豊富な知識と経験を得る為に常に進化する新しい情報を学び続け、そして情熱も高め続けていきたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる