胸椎ストレッチの重要性

ここ最近、ぎっくり腰になったという人が増えています。ぎっくり腰の原因としてはいろいろ考えられますが、その一つとして胸椎の硬さが考えられます。

背骨は頸椎、胸椎、腰椎と全部で24個ありますが、その半分の12個あります。胸椎は頸椎と腰椎の間に挟まれていますが僧帽筋とも繋がっており、胸椎が硬くなると肩こり、腰痛、猫背、また背骨には自律神経が通っているので自律神経の乱れにもつながるのでダイエットや筋肉作りにも大きく影響します。

トレーニングをするにも関節可動域が制限され肩や腰の故障にもつながります。

モンスターフィットネスのトレーナーは全員JSA-CSTSストレッチトレーナーの資格を保持しストレッチの重要性から指導しています。

正しいトレーニングは収縮だけではなく伸展(ストレッチ)運動もしっかり行い関節可動域を広げながら行うことによって怪我もなく健康的で綺麗な身体つくりを作ることが出来ます。

ストレッチにおいては毎回のセッションのみでは不十分なので、自宅での宿題になる部分もありますがストレッチは道具もいらない為、自宅で毎日しっかりストレッチをされてきてくれる方も多く、来るたびに柔軟性が飛躍的にアップされてる方も見受けられます。こうやって真剣に取り組んでもらえるとトレーナーとしてとても嬉しいです!

多くの会員さんとの出会い、また長く続けてくださる会員さんとのつながりも楽しみながら続けていけるのでいつも楽しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる